相棒は、気まぐれなヴィンテージの力織機
オリジナルにこだわる生地づくり
L.E.O.の新たな一員になった若手職人

森口 徹夫

もりぐち てつお

L.E.O. [[製織全般]]

神戸市出身 / 

会社hp : http://leochang.jp/

  • L.E.O.が扱う織機は、産地に数台しか残っていないヴィンテージのシャトル式力織機だ。
    「わしは機(はた)から生まれてきたんや」
    80歳の織職人が、大切に守り続けた力織機。周りの機屋が最新式の織機をどんどん導入していく中、頑固なまでにシャトル織機を使い続けた人だった。
    この職人の愛した力織機、そしてその力織機で織られる生地の独特の風合いに魅了されたL.E.O.代表兼デザイナーの小泉知士さん。職人の引退の時、この力織機を思いとともに受け継ぎ、オリジナルの生地づくりから製品、販売までの一貫性を持ったものづくりを開始した。

  • L.E.O.の新たな一員となった森口さんは、「初めて織機を見た時、あんなに荒々しく動いている機械から、あんなに繊細なものができることに驚きました。実際に機械を動かしてみたら、調子が悪くなると一週間くらい平気で止まるんです。そのたび原因を探ることから向き合い、自らの手で修理するというほとんど手織りに近い織機だなと思いました。L.E.O.では、素材選びから始まり、デザイン、織り、製品、販売まで一貫して行うというものづくりの過程を大事にする代表の思いの元、こだわりを追求した商品づくりをしているので、すべての工程に携われることがすごく勉強になり楽しいです」と語る。
    現在は交流のある職人と言葉を交わしながら、機械の知識を深め、日々織機と向き合いオリジナル生地を製作している。
    代表の小泉さんは「非常に根気強く、そして手先が器用で本当に向いている。今では良きパートナーです」と語る。

  • 「L.E.O.の商品は手にとってみていただければ、その良さはわかってもらえます」
    製作工程は手探りだけれど、手探りだからこそ、できあがりの楽しみもやりがいもあると話す森口さん。

    「L.E.O.の一員になれてよかったと思っています。代表の小泉がいつも言うのは『仕事で遊べ。そして楽しいこと、興味があることを妥協せずとことんやって失敗から学べ』ということ。とにかく今は、目の前のことを全力で楽しんでやっていきたい。またL.E.O.ではサンプルづくりに何ヶ月もかけることがあったり、商品になるまでとことん追求したものづくりをしているので、今後も他がやらない手間のかかる作業や、新しいことにどんどん挑戦していきたいです。」

    むだな力みも気負いもなく、森口さんは今日も機を織る。