現場に触れて知った、播州織の深さ。
織りや組織に関わる数の多さが、成長につながってゆく。

杉本 真奈

すぎもと まな

内外織物株式会社 [生産サポート]

兵庫県出身 / 神戸芸術工科大学デザイン学科卒

会社hp : http://naigai-orimono.co.jp

  • 1. 西脇市へ移住した理由

    西脇生まれの西脇育ちです。播州織工房館(*)でアルバイトをする機会があり、その時知り合った方に「ストールのデザインをして、販売してみませんか?」と声をかけていただきました。催事の現場に立った時、播州織が案外知られていないことに気が付いたんです。あたりまえだと思っていたことも、他のテキスタイルにはない良さだと知ることもできました。この時の経験がきっかけで、播州織に関わる企業に入りたいと思うようになり今があります。

    *播州織工房館:播州織のシャツやストール、オリジナルグッズなどを販売するギャラリー&ショップ。神戸芸術工科大学との産学連携で生まれたブランド「n+ble」も並ぶ。

  • 2. 現在の仕事

    「織出し」といって、機屋さんが織った最初の生地に間違いがないかチェックする仕事をしています。色の間違い、糸の通し違い、組織の間違いなどを見過ごすと、設計とは全く違うものができるのでとても大切な仕事です。ここにいると、いろいろな生地を見て触れられることがとても楽しいと感じています。

  • 3. 播州織の魅力、産地の魅力

    まず、安心感です。播州織は糸から染める先染め織物なので、他の生地のように色落ちの心配がほとんど無く、安心して使えます。そして、品質の良さ。染色も製織もサイジングも工場が近くに集まっているので、すぐに対応していただけます。間違いのないものが早く仕上るのは産地ならではの強みです。お客様の信頼につながることですから大切なことだと思います。

  • 4. 西脇市に住んでみて感じること

    地元にいても知らないことばかりです。そもそも産地という感覚がありませんでした。大学で産学連携プロジェクト(*)に参加した時、初めて地元が「産地」なんだと実感しました。当時は「先染め織物=播州織」と思っていただけ。現場に入ってみたら、いろんな工程があることがわかりました。複雑な柄がつくれることなど、播州織の深さも知りました。現場に触れてみて初めてわかることばかりだったんです。

    *西脇商工会議所と神戸芸術工科大学との産学連携プロジェクト「n+able(ネイブル)」
    播州織に伝わる高品質な綿素材と、神戸芸術工科大学のデザイナーとのコラボレーションによる商品開発と情報発信。「地域産業の活性化・人材育成(実践の場を学ぶチャンス)・町の活性化」につながるオリジナルブランドの発信を目的とする事業

  • 5. 播州織産地で働いてみたい人へ

    西脇は「人がいい」です。わからないことも丁寧に教えてもらえるし、産地見学も不思議なくらいオープンです。景色がいいし、おいしいものが多くてゆったり過ごせます。神戸や大阪へも出やすくて、住み心地もいいですよ。
    いいものをつくるには、どれだけの組織や織を見てきたかが大切。ここはそれが経験できる場所です。私もいずれは、自社のテキスタイルブランド「nunono(ヌノノ)」のオリジナル生地をつくりたい。今の仕事はすべての基礎としてつながっているからこそ、今後の目標に生きてくると信じて頑張っています。