播州織 西脇市と劇団四季が連携協定を締結!

2021.03.25

令和3年3月19日(金)に、西脇市・劇団四季との連携協定締結式が西脇市役所で行われました。

平成28年に、西脇市の市制10周年記念事業として、劇団四季がファミリーミュージカルを公演したことを機に、西脇市と劇団四季の交流が深まりました。

その後、片山象三市長が横浜市の劇団四季の本社を訪問し、衣装の制作現場を見学、また、播州織の生地マルシェ「播州織産地博覧会」に劇団四季の衣装担当者らを招くなど、播州織産地と劇団四季の結びつきが強くなり、今回の連携協定を締結する運びとなりました。



劇団四季が自治体と今回のような連携協定を結ぶのは珍しく、今後、令和3年8月から公演される新作ファミリーミュージカル「はじまりの樹の神話」の衣装に使用される生地の提供等の取組が進められます。